議員団の活動報告
議員団、田中中野区長に
「熱中症対策の強化」を緊急要望!
     画像クリックで拡大表示   


要 望 書


中野区長 田中大輔 殿

平成23年7月25日

中野区議会公明党議員団
幹事長 やながわ 妙子
久保 りか
小林 秀明
南 かつひこ
平山 英明
白井 秀史
小 林 ぜんいち
甲田 ゆり子
木村 広一

熱中症対策の強化を求める要望

原発事故に伴う電力不足が懸念されるなか、本格的な夏を迎えます。節電を意識するあまり、高齢者や子どもたちの熱中症が心配されており、総務省消防庁の報告によると、熱中症による搬送者数はすでに昨年を大幅に上回っています。区は緊急の熱中症対策を講じていますが、区民には十分周知されていない状況があります。区民の健康を守るため、更なる対策を講じて、猛暑に備えるべきと考えます。以下、具体的な取り組みを要望します。
・中野区が実施する熱中症対策について、あらゆる広報手段を通じて区民に十分な周知を行うこと。
・ 高齢者会館等を活用したクールスポットにおいては、区民が気軽に利用できるよう配慮するとともに、水分補給のためスポーツドリンクや冷たいお茶などを用意するなどきめ細かな対策を講じること。
・ 熱中症に効果のあるグッズなどを区内の高齢者に積極的に配布すること。
・ 「電気予報」を区民に提供して、高齢者や子どもが無理な節電を意識して体調を崩すことのないよう努めること。
・ 気温35度を超えた場合、区民に対し防災無線、ホームページ、広報車、防災メール等による、積極的な啓発活動を実施すること。

熱中症対策の要望を追加しました。


要 望 書


中野区長 田中大輔 殿

平成23年8月1日

中野区議会公明党議員団
幹事長 やながわ 妙子
久保 りか
小林 秀明
南 かつひこ
平山 英明
白井 秀史
小 林 ぜんいち
甲田 ゆり子
木村 広一

熱中症対策の強化を求める追加要望

7月25日に公明党議員団として、熱中症対策の強化を求める要望として5項目にわたる要望書を提出致しましたが、都が制度運用の見直しを行ったことに伴い、追加として下記の1項目についての実施を求めます。
 生活保護世帯の冷房機器設置について、東京都は国の制度を拡充し、各市区町村の生活保護の選択事業のなかで実施することを決めた。これについては公明党も強く要望した経緯があり、区としても、選択事業を有効に活用し、冷房機器の購入及び設置を必要とする人に、支援ができるよう事業実施することを要望する。