終戦記念日街頭演説会

2018/08/15(水)
今年も8月15日の終戦記念日に公明党議員団として、中野駅北口にて終戦記念街頭演説会を行いました。今年は終戦から73年目を迎え、平成としては最後の終戦記念日になります。
8月15日は、この戦争の悲惨さと残酷さを後世に伝え、「不戦」と「平和」を誓い合う日です。二度とこのような悲劇を繰り返してはなりません。我が国は憲法の平和主義を堅持し、対話による各国との連携を深めていかなくてはなりません。とりわけ中国、韓国との関係は重要です。
国連は現在、「誰一人取り残さない」との理念の下、2030年を目指し、貧困撲滅や健康増進、教育の拡充、さらにクリーンエネルギー開発、経済成長までも目標に掲げた持続可能な開発目標(SDGs)の達成に取り組んでいます。
公明党は、SDGsの推進によって貧困や人権侵害といった紛争の芽が摘み取られ、確かな平和への道を築くことにつながると確信しています。