平成30年 第2回定例会一般質問 久保 りか議員

2018/07/03(火)
1 区長の施政方針について
2 受動喫煙防止について
家庭や地域との連携を深め
公教育を充実させよ

これまで幼稚園、小中学校は、家庭や地域との連携を深め、支えられてきた。学校と地域が一体となり学校の諸課題に取り組む、学校運営協議会を設置したコミュニティ・スクールを推進すべきでは。

【区長】
現在の仕組みや地域の状況などを踏まえ、導入に向け、検討していきたい。


地域包括ケアを推進せよ

①高齢者・障害者・乳幼児親子の外出時の移動を円滑にするために、新交通システムの導入に取り組んでは。
②ダブルケアなど、複数の生活問題を抱えた世帯が増加している。在宅生活をサポートする杉並区の在宅医療・生活支援センターのような機能を強化することが非常に重要では。

【区長】
①区民ニーズの調査や交通不便地域を踏まえた検討を行っている。先進事例の調査や制度的課題、費用対効果等、調査・研究を進めたい。
②関係機関調整等の機能について、杉並区の事例を参考に、更なる強化を図りたい。


西武新宿線沿線を活性化せよ

①沿線まちづくりと併せた商店街のにぎわい創出についての考えは。
②商店街活性化や街のにぎわいに対する具体的な支援策等を示すべきでは。

【区長】
①道路の整備や拡幅、地区計画の導入等により、にぎわいの再生・創出を図っていく。
②専門家派遣事業をはじめ、様々な支援制度を周知し、活用を促していく。


経緯を踏まえた整備方針を

野方、鷺ノ宮、都立家政駅では、地区まちづくり検討会から、駅周辺地区まちづくり構想が示されている。区長は、「地域が取りまとめた構想を踏まえ、まちづくりの整備方針を検討していく」と述べているが、改めて決意は。

【区長】
まちづくり構想は、検討会が2か年話し合いを重ね、地域の意見を取り入れたものと受け止めている。地域の想いである構想を踏まえた整備方針を策定予定である。


鷺ノ宮駅周辺の水害対策を

公社鷺宮西住宅建て替え時には、水害対策のための調節池を整備し、上部にふたを掛けて公園を整備するなど、中野区が地域資源として活用できるよう、都に働きかけては

【区長】
都と連携していく必要があると認識している。